• en
  • ko

Generic-V
の有効主成分

Generic-Vの有効主成分は正式名称を【クエン酸シルデナフィル】と言います。主にED (勃起不全) 、および医薬成分になります。開発したのはアメリカ大手製薬会社【ファイザー製薬】です。1990年代に同社によって開発研究が進められていた医薬成分で当初は狭心症の薬として臨床試験が行われていました。臨床試験中に男性の勃起不全に効果があるという事が判明しED治療薬として販売されるようになりました。この治療薬が有名な【バイアグラ】です。

効能

男性の勃起とは男性器の中にある海綿体に血液が流れ込み増大します。海綿体に血液が流れるためには性的刺激により一酸化窒素が分解され環状グアノシン一リン酸が形成されなければなりません。十分な血液が海綿体に流れることにより男性は医学的観点から勃起する状態になります。しかしながら環状グアノシン一リン酸の形成を阻害する物質PDE-5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素が働いた場合、勃起状態になりづらくなります。これをED.(Erectile Dysfunction-勃起不全)と呼んでいます。
【クエン酸シルデナフィル】は勃起を妨げる酵素PDE-5(ホスホジエステラーゼ5)を分解し、勃起不全を解消する働きがあります。

成分の特徴

Generic-Vの有効主成分【クエン酸シルデナフィル】は経口摂取で体内に取り入れられますと阻害物質PDE-5(ホスホジエステラーゼ5)を抑制し約30分から60分ほどで薬効効果が表れ勃起をしやすくなる状態(いわゆるED-勃起不全-でない勃起可能状態)になります。ここで一定数の割合で効果と特徴を誤解する方がいます。ED治療薬【クエン酸シルデナフィル】はあくまでもPDE-5(ホスホジエステラーゼ5)を抑制する効果しかなく自然な勃起に必要な外的要因(性的刺激)を認識しないと薬効効果はなく勃起状態にもなりません。

精力剤との違い

メディアの影響もあります。ED治療薬と精力剤の境界線がなく同じものであると思っているユーザーが多いのが事実です。インターネットや雑誌、広告などで生気あふれる男性が飲むだけですぐに勃起するようなうたい文句で宣伝している精力剤の類と混同してしまうのです。

狭心症治療薬としての効果

【クエン酸シルデナフィル】は本来狭心症治療として研究開発が行われておりましたが思うような効果臨床試験で得られずに開発は一時中止になりました。しかしその後血管拡張作用が見直され、さらに研究が重ねられました。その結果慢性心不全や肺高血圧症に効果的に作用することがわかってきました2008年には肺動脈性肺高血圧症治療薬【レバチオ】として発売されるようになりました。有効主成分【クエン酸シルデナフィル】は長年の研究の結果多くの患者(ED治療や高血圧治療を望む人々)に希望を与える医薬品となってきているのです。

過剰摂取

【クエン酸シルデナフィル】は血流増加を大きな特徴として様々な治療に活用されてきました。中でもED治療においては世界初の勃起不全治療薬として画期的な効果として世界中で使用されるようになりました。しかしながら【Generic-V】は【クエン酸シルデナフィル】の含有量が1錠あたり100mgの為個人によっては過剰摂取となる方もいらっしゃいます。日本で処方されている【クエン酸シルデナフィル】は1錠50mgまでとなっており倍の効果を期待される方がおりますが逆効果になることもありますので注意が必要です。実際使用者の中にはカッター・ハサミで錠剤を適量に分割し使用する場合があります。

有効主成分の排泄時間

【クエン酸シルデナフィル】は体内に薬効成分がとどまり効果が持続する時間は約4~5時間と言われています。これは体内で吸収、分解、排泄(尿や大便)までの時間に影響されます。そのため飲酒などは利尿作用が働き余計早く有効主成分が体外に排出されてしまう可能性があります。