• en
  • ko
2017/07/22

ランバクシー社の過去のリコール

2012年11月26日Lipitorジェネック版などの製薬を行っているRanbaxy Laboratories社はあるジェネック医薬品の大量リコールを行いました。リコールを行った理由はそれらの薬に小さなガラスの破片が混入していたからです。

今回のリコール対象の薬品名はLipitorのジェネリック版のアトルバスタチンという薬品でした。

アトルバスタチンは合計で41ロットもリコール対象となり、各ロットには何千錠もの薬が入っていたそうです。

リコールには、アトルバスタチンの10mg、20mg、40mgが対象となり80mgのアトルバスタチン錠は対象外となっています。

約1㎜以下のガラスの破片の混入について怪我人の報告はまだないとRanbaxy Laboratories社は言っています。

またRanbaxy Laboratories社は積極的に注意を払い、顧客の安全を念頭に置き責任をもって今回のリコールを行うと述べています。

インドにあるRanbaxy Laboratories社は日本の第一三共が所有しています。ある調査員によるとRanbaxy Laboratories社が製薬しているアトルバスタチンは米国市場の44%を占めていると言っています。

Ranbaxy Laboratories 社は米国法務省にこれらの騒動があった翌年は複数のジェネリック医薬品について製造過程及び品質管理の徹底を行うまで米国市場でのジェネリック医薬品の販売を行うことを禁止されました。

Ranbaxy Laboratories社は勃起不全治療薬でも有名なバイアグラのジェネリック医薬品であるエリアクタやカベルタなど様々な製品を製薬しています。

※2017年現在Ranbaxy LaboratoriesはSun Pharmaceuticalsに製薬会社の名前を変えています。