• en
  • ko
2017/07/04

前立腺治療のジェネリック医薬品

2010年に前立腺の拡大を予防及び症状を治療するための薬(Flomax)の最初のジェネリック医薬品をFDA(アメリカ食品医薬品局)が承認しました。

タムスロシンとして知られるFlomaxのジェネリック医薬品はカルフォルニア州ヘイウッドのIMPAX Laboratories(製薬会社)で製造されています。FDAの規制によりジェネリック医薬品を製造する場合、先発品と同じ基準を満たさなければなりません。

BPH(良性前立腺肥大)として知られる前立腺の拡大は、年齢とともにどの男性でも共通して起こります。60歳以上の男性の半数以上、70歳以上の男性の約90%以上が弱い尿流、漏出、夜間頻尿の回数増加、尿意切迫感を含むBPH症状を有します。

BPHはガンではない

前立腺は膀胱の真下に位置するクルミ形状の腺であり、主な働きは精液を作り出すなどです。

しかしそれが大きくなりすぎると、前立腺は尿を運ぶ尿路や前立腺周辺の尿道に圧力をかけ、これが泌尿器に異常を及ぼします。

Flomaxのウェブサイトに関する情報によると、この薬は前立腺と膀胱の頸部の筋肉を弛緩させる作用があるようです。

薬を服用している人は判断力が鈍るため危険な仕事や車の運転などは避けた方が良いです。また一般的に報告されている副作用は鼻水、めまい、精液の減少などがあります。勃起不全などは副作用には関係ないようです。