• en
  • ko
2017/12/10

海外輸入品の遅配について

■海外ジェネリック医薬品の輸入について

海外製のジェネリック医薬品を入手するにはで海外から国際郵便で輸入いたします。個人輸入業者などを利用して海外の発送元より国際郵便で配送することが一般的です。例えばジェネリック大国インドから医薬品(ED治療薬・向精神薬・癌治療薬・発毛薬など)を輸入する場合、インド国内から発送した荷物をインド郵便局から通関手続きを経て国際便にて日本国内に輸入されます。その後日本国内で通関検査が行なわれた後、郵便局(日本郵便株式会社)の管轄となり担当郵便局に転送され、配送先住所に届けられます。海外輸入品は国際事情により配送予定日数よりかかることがあります。

国際郵便は主に海外の通関手続き、航空便の諸事象や日本国内での通関検査などで遅延することが多いと考えられがちですが、日本国内に入ってきた後にも配達遅延は起こることがあります。

日本国内の担当郵便局で実際に人員不足が原因で配達が遅れて謝罪したケースがあります。日本国内の連休や企業のセール商戦の時期は広告・DMなど郵便物が集中し、仕分け作業が追い付かず荷物の遅配が起こりました。

海外配送は配達日数が国内配送よりかかりますが、必ずしも海外事情において遅れるという事ではない事がわかります。日本郵便側でも人員増員(短期のアルバイトまたは派遣社員の確保)や配送トラックの本数を増加させて対応するとしています。しかしながら年末から年始(特に年始の年賀状配達の時期)はどうしても配送遅延になりがちです。また荷物番号がない場合配送物となると把握ができず日本郵便側も対応しきれなくなります。先の遅配の事例では日本郵便局側が差出人に連絡をとり謝罪をする事となりました。

個人輸入で海外からジェネリック医薬品を入手する場合配送荷物番号が発行されることがほとんどであり荷物の配送状態を確認することができます。荷物番号を日本郵便に問い合わせをする、または日本郵便のインターネットサイトを利用して検索をすることで実際に荷物の配送状況を把握することができます。の海外ジェネリック医薬品は海外輸入の為スケジュール通りに到着するか心配する利用者もおりますがどこで遅延になっているか荷物が滞っているかを調べられるようになっています。海外発送国側で問題が起きているのか日本国内で問題があるのかわかります。また医薬品の場合薬事法の関係上通関検査で規定量を超えると差し止められることがあるので注意が必要です。