• en
  • ko
2017/06/14

ジェネリック医薬品

あなたは治療費や薬代を安くしたいとは思いませんか?
ジェネリック医薬品は安全で、安価で、先発品とほぼ同等の効果を発揮すると、ある医師は言っています。
市販薬や処方箋薬と比べてもジェネリック医薬品は同じ有効成分が入っていますし、市販薬や処方箋薬に比べはるかに安価です。
ですが、ジェネリック医薬品と先発品は全く同じものではありません。

■先発品とジェネリック医薬品の違い

先発品はたくさんの研究や検査により出来上がり、先発品を開発した会社は一定期間の特許を所得することができてそれらを独占的に販売する権利を得ます。
しかし特許期間が切れるとその先発品のジェネリック医薬品を他の製薬会社が製造、販売することができるようになります。
ジェネリック医薬品は同じ有効成分で作ることが前提となりますが、製造する会社、製造の工程などで若干の差が出ます。これらは体内に薬が吸収されるスピードなどに影響することもありますが、効果に大幅な差が出る場合製造をすることができなくなります。
ある製造会社のジェネリック医薬品の効果が十分にあったからといって、他社が製造した全く同じ成分の薬を飲んでも十分に効果が出ない場合があるということです。
効果があった製薬会社の名前を覚えておき今後薬を処方してもらう際はその製薬会社の薬を処方してもらうと良いでしょう。

■すべてのジェネリック医薬品が安くない理由

稀にジェネリック医薬品なのにも関わらず高価な薬がありますが、これは製造している会社が少数もしくは1社のみという場合があります。
その場合製造している会社は価格を引き上げます。
またジェネリック医薬品によっては保険のきかないものもあります、そのような薬は自然と価格は高くなります。

■ジェネリック医薬品の効果などが十分でない場合

使用したいジェネリック医薬品の効果が十分でない場合や、保険の対象外だった場会は医師に相談してみましょう。違う製造会社のジェネリック医薬品なら保険の対象になっている場合などがありますし、違う製造会社のジェネリック医薬品なら効果が出る場合などがあります。