• en
  • ko

Generic-L
の有効主成分

【Generic-L】有効主成分は【塩酸バルデナフィル水和物】といい、水溶性成分の為服用後溶解から体内の吸収時間が早く効果の度合いが高いとされています。血管拡張効果がありED (勃起不全)の治療薬として利用されています。また【バイアグラ】や【Generic-V】の有効主成分【クエン酸シルデナフィル】と化学構造式が類似している点が多く薬の効き方は似ており、勃起抑制酵素PDE-5(ホスホジエステラーゼ5)の阻害効果があるため【PDE5阻害薬】とも呼ばれている。

効能

【Generic-L】を口径服用し【塩酸バルデナフィル水和物】が体内に循環されるとED(勃起不全)を患っている男性が勃起可能状態になります。
男性の勃起には性的な刺激が脳内に伝達され血流の上昇から男性器への血流量が増幅されて海綿体に集まり男性器の隆起が起こります。しかしED(勃起不全)状態は正常な血流増加が行われない為勃起が起きづらくなります。【塩酸バルデナフィル水和物】は男性器海綿体平滑筋の緊張を抑えて血管拡張させて血流増加を促す効果・効能があります。
しかし血流増加といった作用だけでは男性器の勃起は行われません。勃起阻害酵素PDE-5(ホスホジエステラーゼ5)を抑制しないと正常な陰茎部へ血液が流れなくなります。【塩酸バルデナフィル水和物】はこの勃起阻害酵素PDE-5を薬効効果時間中抑えてくれるのです。

成分の特徴

他のED治療薬成分【クエン酸シルデナフィル】・【タダラフィル】と異なり【塩酸バルデナフィル水和物】は水溶性の物質であるため体内への吸収時間が早いです。その為飲食・飲酒時の同時服用また服用前後にも影響を受けづらく効果を発揮することができるのです。一度体内で循環すると6~8時間ほどの効果が期待できますので比較的利便性が高いED治療薬と言われています。しかし成分自体にはアルコールの影響を受けづらい特徴がありますがアルコールそのものの摂取量には注意をしなければなりません。ED治療薬成分には血流増加の作用がありますので

男性の勃起に対する生殖機能には持続的に海綿体に血液が留まり続け、長時間勃起を妨げる現象が起こります。
射精後などの

精力剤との違い

【塩酸バルデナフィル水和物】を含有する【Generic-L】は吸収率も高く効果が早く表れます。滋養強壮剤・栄養ドリンクのように服用・吸収したからと言ってすぐに精神を高ぶらせ性的な刺激が無くても勃起するような興奮作用は含まれていません。即効性があるお酒の影響を受けにくいといった効果から、精力剤のイメージを持たれる方がいますがあくまでも性的刺激を受けた後に血流増加と勃起阻害酵素【PDE-5(ホスホジエステラーゼ5)】の抑制を促す効果があるだけです。どうしてもインターネット上で男性の性機能薬品を検索するとED治療薬と精力剤・滋養強壮サプリメントなどが同じように紹介・案内されているため、混同しやすくなっているのです。

飲食の影響

【Generic-L】を含む【塩酸バルデナフィル水和物】含有のED治療薬を使用するかたから食事の影響は受けないと思われているようですが、実際には影響を受けないのではなく【受けづらい】と認識していなければなりません。食事自体には制限が設けてあります。
製薬会社の提示する標準的な食事の摂取量は500~700カロリーくらいと言われています。しかし実際は個人差もあるため平均的成人男性であれば200~300カロリーで消化の良い食事にとどめておくことが良いと思われます。(ご飯半分、うどん・そばなど)

飲酒との関わり

【塩酸バルデナフィル水和物】はお酒との併用も可能ですが多量の飲酒は飲食同様に作用効果に影響を受けてしまいます。アルコールを飲まれるかたの傾向として緊張の緩和を求められますが、適量であればリラックス効果を生み、スムーズな勃起をサポートしてくれます。しかし酩酊状態では神経の伝達が乱れて性的刺激を受けても陰茎部への血流増加が行われないことが多いです。精神的な緊張をほどくにはお酒ではなくとも微量・軽度の精神安定剤など効果が高いです。医療機関・クリニックなどで処方してくれるところもあります。