• en
  • ko

ED자기진단

IIEF는 International Index of Erectile Function (국제발기기능점수)의 약자로,
ED (발기장애/ 발기부전)의 심사와 ED 치료 효과 판정에 사용되고 있습니다.
자기진단 합계점수가 21점 이하의 환자는 ED (발기 부전)일 가능성이 높습니다.
비아그라,레비트라,시알리스도 국제 발기 기능 점수 IIEF-5를 준수하고 있습니다.
・한번 진단을 해보시기 바랍니다.

4주간의 상태에 대해 해당 사항을 하나씩 선택하십시오.

结果
  • 11点
  • 20点
  • 30点
  • 40点
  • 50点
  • =
  • 計1点重度ED

※国際勃起機能スコアIIEF-5は、あくまで目安です。

5つの質問の回答スコアを計算して合計点が下記のように、セルフチェックの結果が21点以下の場合はEDの疑いがあります。しかしながらこのセルフチェックは確定的な診断を行うものではありません。男性のED(勃起不全)は年齢を問わず、多くの男性に見られる症状で特別な病気ではありません。事態を自分自身で深刻に考えるよりも気軽に医師への相談・カウンセリングを行うことをお勧めいたします。
カウンセリング時間は30分以内がほとんどで特別な医療器具や機材を使用することもなく簡単な診察と医薬品の処方(ED治療薬、精神安定剤など)で終了します。
医療費も高額ではなくほとんどが治療薬の費用です。クリニックも街中で通院してしやすいところにありますがプライバシーを守ってくれて診療してくれます。

ED(勃起不全)という言葉が世間一般に周知されるようになり以前に比べ偏見も少なくなりました。しかし勃起の硬さの指標は今なお認知度は低いですが、現在は勃起の硬さスケール(EHS: Erection Hardness Score)が開発されおり、客観的に診断すること(セルフチェック)ができるようになりました。つまり自分自身の勃起度(硬さ)がどのようなものなのかを診断できるツールとなります。

~勃起の硬さスケール(日本語版EHS)~