• en
  • ko

Generic-C
の先発品

先発品とは

【先発品】とは製薬会社が今までに無い新しい成分を基に開発・承認・発売された製品であり別名【新薬】とも呼ばれています。
医薬品開発メーカーは日々様々な医療分野の医薬品を開発・研究して人類に有益な製品を世に送り出そうとしています。今まで治療困難であった病気・ケガ・感染症などに対して有効な効果を得られたものが各国の認可を得て市場に流通・販売・普及していきます。
製薬会社は新薬開発に莫大な費用と期間をかけて医薬品を生み出そうとしています。その為、新薬を開発した製薬会社には医薬品特許(成分・製法)を認めており、10~20数年間費用回収と利益確保のため独占的に新薬販売をすることができます。

後発品とは

この【先発品】の医薬品特許が切れた後に別製品名で製造された製品を【後発品】また【ジェネリック医薬品】と呼びます。またインドのように特許期間中でありながら国そのものが成分特許を認めていない制度の元、独自に開発・製造・発売した製品も【後発品】また【ジェネリック医薬品】と呼びます。

【Generic-C】の先発品

【Generic-C】の有効主成分は【タダラフィル】といい、先発品名は【シアリス】と言います。売上高世界第9位である米国イーライリリー・アンド・カンパニー(Eli Lilly and Company)社の開発・製造しているED(勃起不全)治療薬であり、2002年からアメリカで発売されている医薬品になります。
すでにED治療薬の先発品は【バイアグラ】【レビトラ】と流通しており3番目(3種類目)のED治療薬の先発品となります。【シアリス】の有効主成分【タダラフィル】は【バイアグラ】【レビトラ】とは異なる分子構造によって構成されており、体内での薬効成分の滞在時間が非常に長いことが大きな特徴です。持続時間の長さ(約36時間)がED(勃起不全)治療者に受け入れられ、【バイアグラ】【レビトラ】よりも使用者の増加率が高くなっています。

【シアリス】の安全性

【シアリス】は2002年アメリカで発売されてから翌年2003年ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドで販売・普及されてきました。しかし【シアリス】を自国で入手できないED(勃起不全)患者は個人で海外から取り寄せる【個人輸入】をおこなって入手していました。【バイアグラ】【レビトラ】といったED治療薬がすでに普及していたため服用に対する知識や注意は広がりつつありましたがニセモノや服用方法の間違いから起こる障害は起こりました。【シアリス】は有効主成分【タダラフィル】の量が20mgとなっていますがあくまでも規格が欧米人向けとなっています。その為他国の成人男性が服用した場合許容範囲こえて強い副作用を招く場合があります。例えば日本製【シアリス】では有効成分は個人差に合わせて1錠あたり5mg,10mg,20mgと医療機関・クリニックのカウンセリングによって処方されています。個人輸入の【シアリス】1錠あたり20mgが服用過多にあたる場合、その安全性は保証できるものではなく、使用の中止や、医療機関での診察が必要になります。ED(勃起不全)治療者の中には確実な効果を期待して必要以上のED治療薬を希望する場合がありますが【シアリス】をより安全に使用するには服用方法を守る事が一番重要になってきます。飲酒をしない、空腹状態で服用といった基本的な用法を守ることによって効果は十分に期待できます。誤った服用法で【効果が出なかった】また【副作用が強かった】
といった経験をして【シアリス】の使用を止めてしまうことが無いように気を付けなければなりません。

【シアリス】の秘密は酵素抑制。

【シアリス】は【バイアグラ】【レビトラ】同様に勃起抑制の酵素【PDE-5(ホスホジエステラーゼ5)】を阻害する役割を担います。ED(勃起不全)とは通常であれば男性器の勃起→射精後発生する勃起抑制の酵素PDE-5が非勃起状態にも発生して性的刺激があるにもかかわらず男性器に血液流入がなされません。
【シアリス】の有効主成分【タダラフィル】が体内で循環することにより【PDE-5(ホスホジエステラーゼ5)】の活性を阻害・抑制して通常の勃起可能状態(性的刺激を受けることによる海綿体への血液増加)を作り出します。射精後は性的刺激が収まるため自然と勃起状態は解消され元の状態へともどります。