• en
  • ko

Generic-C
の使い方

製品仕様

...

【Generic-C】は男性のED(勃起不全)治療の医薬品になります。先発品【シアリス】のジェネリック医薬品であり、主成分【タダラフィル】を含有した高品質な製品になります。携帯性・利便性を追求しており、従来から市販されている医薬品と比べると使いやすくなっています。サプリメントのように一定期間(数ヶ月)服用後効果が表れる医薬部外品ではなく一度の服用(1日1回1錠)で一時的(約36時間)の勃起不全を解消してくれます。

保存方法

【Generic-C】は保存期間が2年と比較的医薬品としても長期間の部類にはいる製品です。また成分効果の劣化は少なく長期間の保存でも通常通りの効果が見込めます。
保存に対して気をつける事は高温多湿を避け、日光の当たらないところに置いておくようにいたします。持ち運び携帯性の優れた【Generic-C】ではありますが、ズボンや財布の中に入れっぱなしにすると錠剤が壊れやすくなります。仮に砕けてしまっても効果に変化はありませんが服用した時に苦みが出てしまいます。外出時に持ち出して残った錠剤がありましたら再度ケースに戻し保管することを推奨いたします。

使用方法

使用方法は非常にシンプルで融通が利きやすいという利点があります。【行為の1時間前に1回1錠、空腹状態で服用する】という用法を守りましたら約36時間の効果時間が期待できます。服用後約1時間程度で有効主成分【タダラフィル】が体内に循環・吸収されて薬効効果が表れます。体感的には体のほてりが感じられましたら【タダラフィル】の効果が表れてきた目安ともなります。効果が表れ始めましたら少量の食事をとることも可能となり、効果も長時間作用するため比較的安心して性行為に向けた準備ができます。
ED(勃起不全)治療患者の中には行為がうまく行えるか心配するひとが一定数います。
【Generic-C】は長時間の効果が期待できるため、精神的にもゆとりをもって行為に臨むことができます。

使用上(服用上)の注意

通常医薬品は水またはぬるま湯などで服用いたしますが、【Generic-C】をはじめとするED治療薬は服用目的、服用環境によりジュースやお酒で服用する場合がありますが他の医薬品同様に薬の吸収・効果を半減させてしまいます。

飲酒をする場合

お酒(アルコール)は体内の血流が乱れてしまい、かつ脳の感覚が鈍くなり正常な勃起を妨げてしまいます。実際に飲酒自体にはリラックス効果があり、少量のアルコールは性行為を円滑に進める効果がありますが行き過ぎたアルコール摂取はせっかくのED治療薬の効果を半減させてしまいます。自分自身で認識している許容範囲を理解してお酒とED治療薬のバランスを保たなければなりません。
お酒を飲まないと行為自体が恥ずかしくてうまくできないと考える人も多いですが【Generic-C】には十分に性行為をおこなえる成分が含有されています。
また医療機関・クリニックなどでは比較的軽度の精神安定剤を処方してくれます。
性行為の時に緊張してしまうと脳への性的刺激が伝達しづらくなってしまうため、あくまでのリラックス効果をもたらす程度の精神安定剤になります。行為の時の過度な緊張がなくなるようになったら、精神安定剤は使用を止めて通常に行為をおこなっても大丈夫なようになります。

服用間隔

【Generic-C】は有効主成分【タダラフィル】の効果(有効時間約36時間)が切れてから再度服用するまでに最低1日開けなければなりません。これは【Generic-C】の長所でもあり短所でもあります。効果時間が長いため次の服用まではかなりの時間を開ける必要があり、体内に薬効成分が残った状態で重ねて服用すると強い副作用を招く危険性があります。
内臓疾患や心臓に持病を持っている方は大きな負担をかけることになりますので十分に注意する必要があります。心配な場合は医療機関・医師の相談をすることをお勧めします。